TLUDストーブで焼き芋づくり

住宅街のど真ん中で焼き芋を焼く! TLUDストーブを使って、煙の心配はご無用。

 火で焼くとなんでこんなに美味しいの~!?

TLUDストーブのご紹介

TLUD(Top Lit Up Draft)ストーブとは、薪を燃やし(一次燃焼)、生じたガスも燃やす(二次燃焼)というネイチャーストーブ。無煙、かつ薪が炭化する(=木炭を作ることができる)ので、大のお気に入り。昨シーズン作って以来、ちょこちょこ稼働させては楽しんでいる。

作り方はこちら↓

TLUDストーブを作る
空き缶とペール缶で自作するTLUDストーブ。材料・道具・工程をご紹介。ソロストーブよりもロケットストーブよりも簡単なウッドガスストーブ! おすすめ!
もっと簡単なTLUDストーブの作り方
ドリル不要! ペール缶を利用したTLUDストーブ(ウッドガスストーブ)の作り方をご紹介。所要30分ほどで完成!

おいもが恋しいこの季節、本格的な焼き芋にチャレンジしてみようと思い立った。

芋の準備

アルミホイルで包む際、一手間かけるとさらに美味しくなる。

まずは、おいもを洗い(水気は拭き取らない)、

雑紙でくるむと、芋のぱさつき防止になるそう。ちょうど水気でしっとりする感じ。

アルミホイルで包んで下ごしらえ完了。

焼き方

 今回の薪は乾燥枯れ竹。

レンガの上にストーブを設置。

薪を入れる。空気が通りやすいよう縦に詰める。着火地点(中心部)の薪は細めのものを、薪の高さは八分目くらいにして上部に空間をあけておくと、着火しやすく、発煙防止にもなるようだ。

※少しくらいなら生木が混じっても大丈夫だけど、やはり薪は乾燥したものがおすすめ。

新聞紙を1枚乗っけて着火。

蓋をするとメラメラッときて、数分後、

ゴオオオオオっと燃え盛る。火柱MAXのときは、このくらい煙突を継ぎ足さないと煙が煙突内で燃えきらない(=発煙する)

※今の煙突の長さはストーブ本体くらい。なお、たまたま手持ちの空き缶製五徳を使っているけど、筒状のものならOK。

着火から45分後、炎がおさまり、炭火になった。ここで蓋を取り、炭火の上に煙突を置いて、その上に芋を乗せる。

※炭火の上に芋を直置きすると焦げてしまう。火と芋の間に空間があることで、ゆっくり火が通り糖度が増す。
※煙突は縦に置く。横に置くと空気の通りが悪くなり発煙するおそれ有り。

 (炭火になってからも、煙は出ない)

蓋を乗せて待つ(途中で1度芋をひっくり返してみた)。

芋投入から45分。いいニオイが立ち込めてきた。そろそろ焼けたみたい。そして炭火がまだまだいっぱい残ってる(もう1ラウンド行けたなこりゃ)。

 これは絶対美味しいやつ!

ちょうどいい焼き加減! 一部皮が焦げてるけど、皮一枚で中身は問題なし。しっとりしているのに、ほっくりしている。気になるお味は……

うんまあああい! 焚き火で焼いた時の、あの味や〜最高!

ということで、大成功だった焼き芋づくり。この作り方は、子どもの頃に教わった由緒正しき?焚き火焼き芋法をヒントにした。それは、「焚き火が落ち着いて熾火(木が炭火のようになった状態)が出来たら、熾火近くの灰の中に芋を入れる」というもの。①熾火、②熾火との距離感、③保温がポイントと思われる。今回はTLUDストーブでこれを再現したつもり(①炭火、②煙突で距離を取り、③ストーブ本体と蓋で保温)。

反省点は、炭火の量が多すぎたかな〜。薪の量は半分でも大丈夫だったと思う。

とはいえ、TLUDストーブだけあればOK! その他の器具は一切不要! というお手軽さ♪ 今シーズンの庭仕事のおやつにガンガン焼くで〜!


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク