間引きダイコンの再生栽培

毎年恒例(?)アブラナ科野菜の再生栽培。今年はダイコンにチャレンジ! 

 予想外の展開に!

さて、時をさかのぼること9月上旬……

スーパーで間引きダイコン菜を買った。そして、根っこが付いているのを見て、これは! ともよおし……

大きい葉を食用に、根っこと小さい葉を残したものを用意して、

庭の片隅を耕して、落ち葉堆肥を混ぜて、植え穴をあけて、

植え込んで松葉マルチを敷いた。

まだ暑い時期だったので、防虫ネットをかけておいた。

それから2週間後……

12本のうち2つ生き残った。どうやら、他は水切れして枯れてしまったみたい(汗)。スーパーで売られている間に根っこが乾いてしまったかな。苗を一晩吸水させてから植えれば、もうちょっと活着率上がったと思う。

空間があいたので、なんとなく園芸店で購入した茎ブロッコリーの苗を植えておいた。

それから約1ヶ月経って、

葉っぱが大きくなってきた。

それからまた1ヶ月経って、

立派になってきた。初めにあれだけむしり取ったのに、驚異の回復力ね。大根は元気だけれど、茎ブロッコリーの生長はいまひとつ……ちょっと日陰の場所だからかもしれない。

そのまた1ヶ月後……

葉が生い茂り、株元も太って、収穫してもいい頃合いに!

太ってる太ってる! 首元が青っぽいので、もしや青首大根系?

きっとこんな感じね!

それでは抜いてみよう! えいーッ!

えっ

短い!!

 おでんは作れそうにない。

直径73mmのカブみたいなダイコンが採れた(笑)。ああ~、日々、楽しみに眺めていたのに……これでおでん作ろうと思ってたのに……!

ダイコンは間引き移植をすると、伸び悩んでしまうということかしら。それとも元々品種がミニダイコンだったのかしら。とりあえず、ダイコンの間引き移植は、ダイコン目当てだと期待外れになりそうね。とはいえ、ダイコンの葉っぱはホウレンソウ並の栄養価だから、葉っぱが収穫できた分よしとしよう。

なます&大根葉とおあげの炒め煮。味は普通に美味しいダイコンだったのでよかった!

おまけ・最近の庭仕事

石畳づくりの続きをやったり、ウッドフェンスの設計を考えたり、ガチガチ土をどうほぐすか算段したり……地味な作業をちょこちょこと。また記事に出来るほど煮詰まったらアップしたいと思う。


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク