目地を埋めて、石畳の完成!

目地をまさ王とグランドカバープランツで埋めて、石畳の完成~!

 目地だけサラサラ作戦、三度目の正直でついに……。

石畳の高圧洗浄

前回、石を敷き詰め終わったカーポートの……

 ナガミヒナゲシ?

目地から早速、雑草が!(汗) やっぱり目地が土のままだとこうなっちゃうのね~。また、目地が固まっていないと、小さい敷石などはカタカタ動いてしまう。ということで、今回は目地をきっちり処理することに。

と、その前に!

石の表面に土汚れが付いているのが気になるし、地面も固めたいので、水洗いをしよう。久しぶりのケルヒャー登場で……

ジャーッと洗う(ついでにレンガのアプローチも洗っておいた)。

水に濡れているとよくわかるけど、石の色がカラフル! 白、ベージュ、グレー、青など、いろいろ入り交じる地層みたい。

洗って乾いてさっぱりした。

まさ王で目地埋め

今回も水で固まる土・まさ王ブラウンをチョイス。前回レンガのアプローチにまさ王を使った際に、まさ王の粉がレンガ表面に残って、グラデーションカラーが台無しになるという事態が勃発(涙)。

高圧洗浄機で汚レンガ道を洗う
まさ王ロットの違いに泣く! 目前にたたずむは汚れきったレンガ道……こいつにケルヒャーを食らわしてやりたいんですが、かまいませんね!!

せっかくひとつひとつ個性あるカラーリングをしている石畳……この色を活かしたい! 前回の二の舞は避けねば! ということで、いつも失敗する「目地だけサラサラ作戦」を仕切り直し、

こんな道具を作ってみた。500mlの炭酸水のペットボトルで作った土入れ。炭酸水のボトルというのがポイントで、

ぎゅっと握れば口がすぼまる柔らかさよ! よしよし、今回は、割とピンポイントで目地だけサラサラできているのでは! バーッと全体にまくよりもずっと時間かかるのだけれど、こういうちまちました作業は嫌いじゃないのでOKOK。

刷毛でそっとならして、

噴霧器でそっと水をかける。目地にかけるというより、石の表面のまさ王を洗い流す感じ。表面のまさ王の粉残りもないようで良い感じ。

3日がかりで完了~! 目地が入るとなんだか洗練された?雰囲気に。石がぐらつかなくなって、歩いてて、ぐっと安心感増したのが嬉しい。やはり玄関周りは歩きやすいのが一番かな。

グランドカバープランツで目地埋め

以前、何かのガーデニング本で見かけたのだけれど、

異素材がぶつかる部分を植物でカバーすると感じが良くなる

らしい。例えば、

石とコンクリとがぶつかる部分に。

木の塀と石とがぶつかる部分に。

ふむふむ、なるほど~。ということで、我が家でも採り入れてみることに。

雨のかかる場所のグランドカバー

日本原産のタイム。踏むと良い香りが立つ。

水路橋と石畳の合間には、踏圧と高温多湿に強いイブキジャコウソウを植えてみよう。庭の片隅に植えている本株から、挿し木用の小枝を取って、水揚げしておいたものを、

腐葉土を詰めて、適当に挿してゆく(この部分にはまさ王は入れていない)。

最後に水やり。活着するまでは朝晩水やりした方がいいかな。

雨のかからない場所のグランドカバー

レンガのアプローチと石畳の合間には、ダイカンドラ(ディコンドラ)シルバーフォールズを。この子は、雨のかからない場所にて、1年育成実験した結果、一度の水やりも不要でわさわさ育ったという強者。

 節からすぐに根が出るので、たくさん増やせる。

このポット苗は、たったひと株から、取り木方式で増産しておいたもの。

カーポート屋根下の、雨のかからないドライ地帯でがんばってほしい。活着するまでは水やりするからね!

石畳の完成

ということで、目地埋め2種も済んで、これにて駐車場の石畳は施工完了。でも、グランドカバーがわさわさになった時が、本当の意味での完成かな? その時は、また写真でお知らせできれば……。

作業時間:洗い1時間、まさ王5時間30分、グランドカバー1時間30分


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク