庭から出土した厄介物ランキング

ユンボ来たりて庭を掘る! 掘ったら出てくる厄介物! 最も処分に困った第一位は……!?

 土の中には色々眠っている……

突然始まった、庭約100㎡を一気に整地する作業!

①ユンボで豪快に掘り上げ、②ガラを拾って、③埋め戻す、という作業を延々と繰り返している。とりあえず、ユンボの1週間レンタルは無事に終了。あとは②ガラ拾いと③埋め戻し作業をやっつける、という状況までこぎ着けている今日この頃。

と、ここで! 庭から出土した処分に困った物ランキングを発表! 今後、整地をDIYでやってみようという方の参考になれば(なるの?)と思う。

第6位

大きい石・小さい石

地質上、石が沢山出る。嫌と言うほど出る……のだけれど、大きい石なら、石積み花壇や↓

3つのポイントで頑丈な石積み花壇を作る
庭を掘るたびに発掘される石、石、石……処分に困るきゃつらを檜舞台に押し上げる! モルタルは不要、石だけでがっちり締まる花壇の作り方とその実践。

石畳に↓

石畳、敷き終わり!
今シーズンの一大事業、駐車場の石畳。苦節70時間超……ついについに敷き終わり!

小さい石ならコンクリートの骨材に↓

コンクリート土留めを作る(4) 型枠外し→クランチチョコ→完成
土留めを作っていたと思ったら、いつのまにかクランチチョコを作っていた。な…何を言っているのか…

一応それぞれ使い道があるので、最下位にランク。

第5位

古い配管

古家を取り壊した後に建築した我が家。古家時代の配水管が潜んでいた。計3カ所で出土。もう使われていないので、壊れても問題ないのだけれど、掘り当てた瞬間、「現役の配管をやっちゃったか!?」と心臓に悪い。掘り出せないところはそのまま埋設するほかなかった。

第4位

塩ビ管・ガラスの破片

古家の解体時に出た破片が土に混じっている。ちまちま拾ってゴミ回収へ。手を切らないように要注意!

第3位

古いガス管

総長2mはある鉄製の管。グラインダーで切断して不燃ゴミに出すしかないが……金属は切るときに火花散るから、精神衛生に悪くてイヤやねん~。このサイズだと3箇所くらい切らなあかん……うへぇ。

第2位

中途半端なサイズの石ころ・コンクリ片

花壇を作るには小さすぎ、コンクリートの骨材には大きすぎるサイズ。使えない上に、数が多い!(汗) 大穴を掘って埋めるしかない。

第1位

ネコの骨 ※写真撮影は自粛した

栄えある(?)第1位はネコの頭蓋骨! 前主が庭にペットを埋葬したのだろうか?ゴミにも出せないし、このまま埋めると呪われそう(汗)……ということで、最も処分に困った。結局、庭の外れにある傾斜地上のカリンの根元に埋めて弔うことに。

ということで、古家付き土地を買った場合、ペットが庭に埋葬されているおそれがあり、その旨の心の準備と新たな埋葬場所が必要となる。

おまけ

またしても庭のハイシーズンに茶色い写真ばかりアップしてしまった(大汗)。お口直しに、今年初生りした暖地桜桃(シナミザクラ)を激写。たったの3つだけど、嬉しい。

 5月上旬になるサクランボ。佐藤錦とは系統が異なる(サイズも食味も劣る)。

味はやっぱりちょっと水くさい(汗)。たくさんなったらジャムにしたい!


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク