シール式芽接ぎに挑戦

花ウメを実ウメに変身させたい! ちょっと変わった接ぎ木にチャレンジ!

 切った貼ったで工作気分♪

残念な花ウメの木

我が家の傾斜地(フェンス外)には、前主が植えた樹木がいくつかあって、

↑この花ウメもそのひとつ。薄桃色の花が咲くが、庭からは5mくらい下がっているため全然見えない……という意味で観賞価値がない。これが実ウメだったなら、収穫する楽しみがあるのになァ~。

そこで、高接ぎ(枝の高い部分で接ぎ木する方法)で、実ウメの木に更新させることに

シール式芽接ぎの方法

シールの用意

今回は、現代農業2016年7月号に掲載されていた「シール式芽接ぎ」をやってみることにした。適期は7月下旬~9月上旬。

品種は不明。白梅で、実は大きめ。

ご近所の実ウメの剪定枝を頂いた。枝の太さ1cmくらい。できれば、太さ2~3cmくらいの枝を用意すると良さそう(後記)。

ひと芽ごとにカット。水を張った容器に入れて乾燥防止。

芽の裏にカッターで一筋切り込み、形成層を剥いでいく。表皮が分離してしまった。大丈夫だろうか……(汗)。

うーん、きれいに剥がれない(汗)。

 ちょっと裂けてしまったけど、まあまあきれいに剥がれた。

2~3個やって、慣れてきた。10分ほど浸水した枝の方が、やや剥ぎやすい印象。

切り口がボロボロになっちゃったので、ハサミで綺麗に切りそろえた。

シールの貼り方

シール持参で現場に臨場する。

接ぎたい部分に、接ぎたいシールをあてがって、カッターで皮を剥ぐ。大体同じ大きさになればOK。

こちらの枝はつるんと形成層が剥がれた。直径2~3cmの太さの枝の方が皮を剥ぎやすいようだ。シールを切り出す穂木も太さ2~3cmあると良さそう。

シールを貼り付ける。

シールを右上or左上に寄せて貼る。右上or左上がくっついていれば他は隙間があっても構わない。

メデールテープを巻き付ける。無事活着したら、冬期に丈夫の台木部分を剪定で落とす。

芽の部分にテープがかからないように(または、メデールテープを薄く伸ばして1重だけ巻くにとどめる)。

今回使用した接ぎ木テープ↓
手でちぎってぐるぐる巻き付けるだけ。いずれは、自然に分解されるらしい。


agris(アグリス) ニューメデール【接木テープ】 25mmX5m

高接ぎで無限に広がる可能性!

下手な鉄砲も数打ちゃ当たる!?

三本の枝に、計10カ所接ぎ木した。これだけやれば1カ所くらい成功してくれるのでは……成功したら、その芽を伸ばして主幹に据える予定。

ということで、改植しなくても品種を更新できるのが高接ぎのメリット。木を抜根するのは大変だけれど、それをしないで済む。すでに大きく育っている台木に接ぐので、結実までの時間も短くなる

そして、高接ぎをマスターすれば、カクテルツリー(1本の木に多品種を接ぐこと)を楽しむこともできる!

宮菜園-TOPページ
ミミズを活かした不耕起栽培による無農薬野菜、山菜,果物接木栽培の家庭菜園紹介サイト

↑うちもこんな風に色んな品種を楽しめたらなぁ~!

おまけ

ウメの木の横に植えたクリ「ぽろたん」。ふと見ると、

け、結実しているッッッ! 相方の「倉方甘栗」が枯死してしまい、受粉木が無いのだけれど(汗)、実はちゃんと入っているのだろうか? 今秋は栗ご飯にありつけるのだろうか? 経過を見守りたい。


いつも励ましの一打賜り、まことにかたじけないッ

スポンサーリンク